×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医療事務 仕事(レセプト)

医療事務仕事といっても色々あります。大ざっぱに医療事務の仕事を説明しますと、 ・外来患者サービス業務
・入退院患者サービス業務
レセプト業務
・秘書業務
・その他の業務
医療事務の仕事としてあげられます。

医療事務の仕事=レセプトと思っている方が多いと思いますので、ここではレセプトの仕事について説明してみます。

レセプト業務とは診療報酬の請求を行う病院の収入を扱うとても大切な仕事です。

医療機関窓口における保険診療費のうち、患者が負担する分は診療後に会計窓口で請求、徴収します。 そして、残りの診療費は各保険制度の保険者に月単位で診療報酬明細書を提出し、請求します。その際に提出する請求書がレセプト(診療報酬明細書) なのです。

レセプトを作成、請求する業務がレセプト業務です。これが医療事務の仕事です。

現在はレセプトを作成するコンピューター(レセコン)が導入されていることが多いので月末には自動的にレセプトとしてプリントされます。 レセコンの操作に慣れれば医療事務として経験がなくてもレセプト作成は可能です。

しかし、レセプトに不備があったりした場合はレセプトの手書き作成を迫られることもありますのでレセプトの仕組みをしっかりと理解しレセコンばかり頼らず医療事務の仕事ができるようにはなりたいものです。